2017年 8/4 「TOKYO IDOL FESTIVAL 2017」

前日に行くのを決めて、無料エリアだけ。
兄貴と一緒に見て回りました。

http://www.idolfes.com/2017/timetable/





〇オープニング 9:35〜9:45 SMILE GARDEN


9:35になり、オープニング。
指原が単独で出てきて「おー指原だー」というささやかな感動。
そののち、他の色々なアイドルが出てきて、指原がインタビュー。
まあ、どうでもいい内容です。




佐々木彩夏ももいろクローバーZ) 9:45〜10:00 SMILE GARDEN


お馴染みと思われるももクロの出囃子。
ソロでもこれ使うのか!
15分という尺の中では、結構長めに使われます。


そして1曲目は…『だって あーりんなんだもーん☆』きたー!!!
最近ももクロ事情はさっぱりなので、
全曲知らない曲も覚悟してた俺にとっては、
ありがたすぎる&一番聞きたい曲きたー!!!
途中のセリフの所は、セリフは実際に言わず、
流れる音声に合わせてポーズを決める感じで、
へーって思いました。
兄貴もいい曲だと言ってました。


2曲目は知りませんw
んで、3曲目は『あーりんは反抗期!』!!!
さーさき!の連呼が印象的な曲ですが、曲そのものは良くないので、
再生回数は4回どまりですw
まあ、そこそこのキャッチーさと、聞き覚えある感じで、
それなりに楽しめます。
なお、歌そのものは、思ったほどでもないかな。
アイドルレベルとしては及第点だけど、ももクロというビッグさからすると、
下手だなーって思った。


MCでは、8/5,8/6に味の素スタジアムで行われる
ももクロのライブの告知をしていましたが、TIFとスケジュールが丸被りなため、
軽く訂正してましたw





○3B junior 10:05〜10:50 SMILE GARDEN


お初。
ももクロと同じ事務所のせいか、
ライブ時間が45分という、考えられない時間設定!
他のライブが15分、長くて20分という状況を考えると、
圧倒的ともいえるライブ時間です。


3B juniorも軽くは見たいけど、45分も貼り付いて見るほどではないなー、
と思って、途中で周りをぶらついて、また戻り、1〜2曲見て終了。


曲は途中はわからんけど、最初のサクラ大戦のレヴュウ感溢れる曲と、
最後の夏っぽい曲がよさげでした。
センターのボブっぽい色白の子がかわいい、とは、兄貴と俺の総意。




○AIS 10:55〜11:10 SMILE GARDEN


お初。
期待したセトリは

1.『こいしょ!!!』で、う〜んってなって、
2.『レントゲン』でズッコケて、
3.『ドキッ!こういうのが恋なの?』で、あーあったね、でもなー、ってなって、
4.『無条件☆幸福』で、あーなんだっけこれ…アイドリング!!!だー!とスッキリして
まあ、期待外れですw
アイドリング曲を持ってきたのは、この後がマジパンだから、ってのもあるのかな?


兄貴はアイドルの事を全然知らない割に、
出てくるアイドルをその場でスマホで検索する、という勉強家な一面も見せ、
AISを調べた時には「カバー曲が相当マニアック」と言っておりました。
あと、それまでのアイドルに比べて衣装がショボくて、
とても衣装に見えない、と言ってました。




マジカル・パンチライン 11:10〜11:25 SMILE GARDEN


お初。
音源は持ってませんが、去年apple musicで聞いてました。
その時のマジカル感溢れる楽曲を期待していたのですが、
どちらかというとトリッキー、変化球さが際立った楽曲が目立った印象。
ちょっと期待外れかな。





○アップアップガールズ(2) 11:25〜11:40 SMILE GARDEN


タイムテーブルを見ながら、見たいアイドルに○をつけているのだが、
アプガに関してはノーマーク、○をつけないアイドルだった。
アルバム1枚持ってるけど、そんなにハマらなかったんだよなー。

んで、このマジパンに控えてるアプガが、
(仮)なのか(2)なのかも把握していなかった。
そもそも(2)の存在を忘れていたし、
(2)が単独でライブをやったりすることも知らなかった。
プリントアウトしたとき、
ちょうどページとページの切れ目にあたって印刷されず、
手書きで「アプガ」と書いたものの、
(2)が単独であるとは思ってなかったから、
(仮)とか(2)とか書いてもいなかったし。



そして…(2)にはpramoの元メンバーがいる事を急に思い出し、
「あ、もしかしてpramoの人出るかも!」という事で、流れで見ることに。



で、始まると、出て来たのは5人!
「え?アプガってこんなに少なかったの?」とか思ってると、
「おい、はやぐ(双眼鏡)貸せでー!」と、兄貴が無料エリアの遠距離から、
双眼鏡無しで元pramoメンを確認!
その認識能力に驚きました。


MCで、これは(2)の単独ライブなんだという事が分かる。
元pramoメンは、結構センターを任される事が多く、
この扱いには俺も兄貴も大喜び。
兄貴の話では、元pramoは、最初からいるオリメンで、当時最年少。
ダンスの経験も無かったそうだ。
それがこうやって成長して頑張っている、というのは素晴らしいものですな。



そして3曲目は、俺の知りうるアプガ曲の中でも一番イイキョクな
『アッパーカット!』きたー!!!
結局アプガの評価って、ライブをUSTとかで見て、
とっつきの良い、いい曲が揃っているんだけど、
いざCDを手にして家で聞いたら、その似たような打ち込み系の音色に飽きて、
積極的に聞く気になれない、というのがあった。
つまりは、とっつきはいいわけよ。
現場ノリもいいし。
そしてこの『アッパーカット!』はその最たる曲。
もうノリノリで盛り上がります。


そんなわけで、pramoも見れたし曲も楽しかったし、素晴らしかったです。





ユイガドクソン 12:45〜13:00 DREAM STAGE


お初。
入れ替わりの客移動により、無料エリアの最前センターで見れます。

俺にとってのユイガドクソンは「元SweetSの舞がいる」それだけであり、
それ以上でもそれ以下でもありません。
曲も他のメンバーも知りません。



けど、舞以上に印象に残ったメンバーがいたんだよなあ。
位置で言えば向かって左端で、ちょっとぽっちゃりした感じの、
おそらく床爪さん(聞いた事無い苗字だな…)。
非常に感じの良いパフォーマンスで、
なんか客が飛び跳ねる曲があったんだけど、
TIFはジャンプ禁止で、すかさずスタッフの看板による注意が入る。
そのあとの床爪さんの、パフォーマンスしながらのゴメンナサイみたいな
リアクションが非常に良かった。
また、それにもめげずに(?)あえて飛び跳ねてるファンを
口頭で注意するんだけど、その注意の感じも、
全然嫌な気がしなかったんだよなー。


舞に関しては「あー舞を生で見たんだー」以上の感情は沸いてこずw
曲はなんかよさげなのもあった気もしますが、
今となっては1ミリも覚えていません。





○ミライスカート 13:00〜13:15 DREAM STAGE


お初。
元々は4人組だったが、なんだかんだあって、
なんか人数が2人だか1人になった、とは聞いていたが、
いきなりステージに上がったのは…4人?!
あれ?なにこれ、復帰したの?
それとも、TIFならではの特別仕様?
でも、そんなだったら情報入ってくるに決まってるし…
とか思ってると、後から一人だけ出て来たー!
なんと、どこぞのアイドルをバックダンサーに従えての登場です。
バックダンサーは、曲によってはボーカルパートもしっかり与えられてます。


新曲の『逆境ガール』は、一人だけになって、まさに逆境状態での曲とあって、
どう聞いていいのか分からず、とりあえず苦笑いw


後半の方で兄貴が「乳首出てるんじゃね?」みたいな事言って、
見ると向かって左胸の胸の乳首の当たりが
ぷっくりと形が分かるようになってます。
衣装はニップレスをするような奇抜な衣装ではないので、
ブラジャーはしてるだろう。
そのブラジャーがずれるとは考え難く、
ただ単に下着か何かの角がたまたま目立つ位置に来てしまっただけ、
と2人で結論づけましたが、逆境っぷりに一役…いや清一色ばりの
六役くらい乗った感じで、何ともいえない心境で胸回りを見てしまいました。

よく兄貴気づいたなー、と思いましたが、もともと胸が大きかったので、
よく見ていた、との事。


この手のサウンドはAKB好きの兄貴の好みではないと思ったのですが、
「曲が良い」と言っていたのが一番驚かされました。
京都のロコドルという事も、一時期京都に住んでいた兄貴にとって
親しみやすいがあったようで、外見含めて喜んでもらえたようです。





○鈴音ひとみ 13:25〜13:35  DREAM STAGE


当初はミラスカを見たらスマイルガーデンに戻って、
Party Rockets GT→Dorothy Little Happyを見る予定でしたが、
ドリームステージのあまりの環境の良さに、そのまま居座ります。

で、10分のインターバルの後に登場したのは鈴音ひとみ。
「Road to TIF2017」という枠で10分という尺です。
全く知りませんが、ファンが着てたTシャツに
「team-H」と書かれていたので、AKB関連の人か?
と期待します。


自分で作詞作曲するシンガーソングライター系アイドルという事で
(この時点でAKB系ではないことが分かる)、
自分で作詞作曲した曲を2曲ほどやるわけですが、
荒削りというか大味なパフォーマンス、
ボーカルは聞き取りにくいし、曲もいいんだか悪いんだかよくわからない感じ。
外見もこの手の人にいそうな、よくある感じです。


ファンがいっぱい動いて盛り上げてましたが、無料エリアは安全に見れるので、
有料エリアよりむしろいい、という話を兄貴としてました。




shibu3 project 13:35〜13:50  DREAM STAGE


全くのノーチェックでしたが、鈴音ひとみと同じ理由で居座ります。
登場した5人…の中に、明らかに小3〜小4くらいの小学生が混じってるー!
これには兄貴も声を出して驚きます。
これくらい小さいと目を引いていいですね。

なかなかピュア感溢れる5人だなーと思って見ていると、
2曲目になるとまた5人出てきて、てっきり10人で歌うのかと思いましたが、
最初の5人はハケるという入れ替えシステム。
しかも今度のメンバーは金髪ギャルもいて、
最初のメンツと雰囲気がだいぶ違います。
その後も曲ごとにメンバーが入れ替わり、見ていて飽きません。
わーすたへの移動時間もあったので、最後の方で退散しましたが、
15分で5曲くらいやったんじゃないかな?
サクサクしてました。



HP見たらプラチナムなのね。
全く知らなかったわ。
ラチナムってハ行のイメージあるからさー。





○わーすた 14:05〜14:20 SMILE GARDEN


お初。
3曲のうち、2曲は知ってた。
1曲目の『うるとらみらくるくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ』と
3曲目の『いぬねこ。青春真っ盛り』かな。
兄貴希望のプリパラの曲はやらず…

わーすたは最近聞いてる曲の中でもトップレベルの高評価で、
俺の期待値も高かった。
その中でもこのセトリはかなり満足のいくものであったが、
距離が遠かったせいか、イマイチ乗り切れず…
ただ「生で見た」以外の感想は無いなー。
外見は全く記憶にありません。




LinQ 15:10〜15:25 FESTIVAL STAGE


去年のTIFでは見るリストに入れていたが、
実際見てみたらセトリにスカされてそんなでもなくなり、
今年は△レベル。
俺が一人だったら、スマイルガーデンの同じ時間帯の9nineを見るプランでした。

ところが、1曲目で、俺がLinQで一番好きかつ、
夏にピッタリの『HANABI!!』きたー!!!!
もうこれだけで100点満点ですよ。
しかも衣装も浴衣だし。
人込みの熱量もプラスに働きます。


2曲目の知らない曲を経由しつつ、3曲目は『Shining Star』かな。
これもそこそこ好きで馴染みある曲だったのも良かった。





drop 15:25〜15:40 FESTIVAL STAGE


ノーチェックだが、そこそこの知名度とある程度のルックスは保障されてるし、
他のステージに移動する時間も無いので、ついでに見ていきます。

で、何故ノーチェックだったか、と言うと、前に見て良くなかったから。
その印象は覆ることなく、顔も曲もパフォーマンスも凡庸。
そりゃ西井が見下すのも分かるわ…
人込みの熱さの中で、ただただ疲労だけが募りました。




兄貴がそろそろ移動する時間になったので、解散。
まあ、兄貴と一緒だから楽しかったのは当然として、
俺一人だったら、俺が知ってる、見たいやつに行っていた。
当然といえば当然だが。
だが、兄貴の意思が入る事によって、見る予定のないやつを見た。
それが良かった。

あと、無料も悪くない。